>HOME>相続・遺言>相続放棄

相続放棄

相続放棄とは

相続放棄とは、相続人の地位から降りることをいいます。無くなった人の権利も義務も相続しないことになります。

債務(マイナスの財産)が債権(プラスの財産)よりも明らかに多い場合や、相続争いに巻き込まれたくない場合に、相続放棄をするメリットがあります。

相続放棄の手続き

相続放棄をするには、自分が相続人となったことを知った時から3か月以内に、家庭裁判所に対して相続放棄申述書を提出する必要があります。

相続人となったことを「知った時から」3か月以内ですので、 相続人になってから(相続の対象となる人が亡くなってから)3か月以上経っていても、相続放棄の申述が認められる可能性はあります。

例えば、銀行や裁判所から「あなたはAの相続人ですので、債務を弁済してください。」などの内容の書面が届いたことにより初めて Aの存在を知った場合には、その書面がきてから3か月以内に家庭裁判所に対して相続放棄申述書を提出すれば、 相続放棄を認められる可能性があります。

次のような事情がある場合には、被相続人が亡くなってから3ヵ月経過した後でも、その事情を説明することで、相続放棄を認められる可能性があります。

  1. 被相続人が死亡したことを知らなかった場合
  2. 被相続人が死亡したことは知っていたが、自分が相続する遺産や負債は全くないと思っていた場合
  3. 自分より先の順位の相続人が相続放棄したことによって自分が相続人になった場合

被相続人が亡くなってから3ヵ月を過ぎてしまったからといって、諦めることはありません。 司法書士は、裁判所に提出する書類を作成する専門家です。 家庭裁判所に提出する相続放棄申述書の作成についても、ぜひ、ご相談ください。初回相談は無料です。

費用

相続人1名に関する相続放棄申述書作成(期限内の場合)司法書士報酬  3万円(税別)

戸籍収集・相続関係調査をご依頼いただく場合、別途報酬がかかります(通数、相続人の数により異なる)。
被相続人の死亡後(または先順位者の相続放棄後)3ヵ月を超える場合、1万円を加算します。
相続放棄をする相続人が複数人の場合、2人目以降については各5000円を加算します。

事前にお見積りを提示しますので、ご安心ください。
司法書士報酬のほか、実費(裁判所に収める印紙代・郵券代各数百円、役所に支払う戸籍発行手数料など)がかかります。

011-300-4614 無料相談予約・お問い合わせ

最終更新日: 2019/08/22
PAGETOP