不動産の価格

下記「不動産の価格の計算方法」を参考に名義変更する不動産の「価格」の合計値を算出してください。


国に納める登録免許税や司法書士報酬(料金)の算出のために必要になります。

不動産の価格の計算方法

固定資産評価証明書や固定資産税納税通知書の明細に記載された「価格」とご自分の持分(権利証や登記簿謄本により確認)を確認することにより、 所有する不動産のおおよその価格を計算することができます。 名義変更対象とする不動産の「価格」を合計し、お申込フォームに入力してください。
※未登記物件は除いてください。
※固定資産税納税通知書の様式は自治体により異なります。
※使用する額は「課税標準額」ではありませんのでご注意ください。
※共有物件やマンションの土地の場合、持分割合(敷地権割合)を権利証や登記簿謄本により確認し、価格に乗じてください。
※最新の固定資産評価証明書と登記情報によらなければ正確な価格は計算できません。あくまで目安とお考えください。

土地1・土地2が共有(持分3分の2)、建物は単有(一人で所有)の場合の例(1戸建て住宅)

「価格」につき、附属建物は含め、未登記物件は除いて合計します。
他の人との共有物件の場合は、それぞれ持分割合を考慮(3分の2なら3で割り2をかける)してから合計してください。

固定資産税納税通知書

不動産個数が3個の場合の例(マンション1戸)

「価格」につき、附属建物は含め、未登記物件は除いて合計します。
※土地については、敷地権の割合を考慮する必要があります。権利証や登記簿謄本をご覧の上、確認してください。計算方法は下記をご覧ください。
※他の人との共有物件の場合は、合計額に持分割合をかけてください(3分の2なら3で割り2をかける)。

固定資産税納税通知書