名義変更する不動産の個数

下記「不動産個数の数え方」を参考に名義変更する不動産の個数を数えてください。1戸建て住宅・マンション1戸いずれの場合も、 通常は不動産は2個(土地1個・建物1個)以上となります。
登記簿謄本にかかる料金の算出や住所変更の必要があった場合にかかる料金の算出のため、不動産の個数を数えることが必要になります。

不動産個数の数え方

固定資産評価証明書や固定資産税納税通知書の明細を確認することにより、 所有する不動産の個数を数えることができます。 名義変更対象とする不動産の個数を数えてください。
※未登記物件や附属建物は除いてください。
※固定資産税納税通知書の様式は自治体により異なります。
※あくまで目安としてご利用ください。

不動産個数が3個の場合の例(1戸建て住宅)

下の例の場合、不動産の個数は土地2個+建物1個=合計3個です。

固定資産税納税通知書

不動産個数が3個の場合の例(マンション1戸)


下の例の場合、不動産の個数は土地2個+建物1個=合計3個です。

固定資産税納税通知書